My Diary~ロハスタウン高松からお届けする、グッドミュージックダイアリー

2008年10月12日

芦屋Left Alone にて

LEFT ALONE 034.jpgLEFT ALONE 040.jpgLEFT ALONE 041.jpgLEFT ALONE 033.jpgLEFT ALONE 030.jpg
「街角に音楽を@高松」としてSAPATOSの2人をを招聘した一回目のライブに山本なつきチャンと小山寛ちゃんを誘い、共演した事がきっかけで、木村純さんはなつきチャンの持つボサノバの真髄、寛ちゃんのリズムと音楽性の高さに注目した。

本人たちも気づいていないこの素晴らしい才能をぜひ香川の外で確認しなさいとの勧めで、実現した今回の芦屋の名門ジャズクラブ、LEFT ALONEでの昨夜の共演。

ボサノバを愛してきた純さんはこの若き2人を紹介すること、心から楽しそうでした。

僕も以前に同じバンドで共演したことのあるこの2人がユニットを組み,活動を始めたのはいつだったでしょう。

香川で地道に活動していた2人に純さんのエッセンスが加わり、音楽の新たな可能性が広がり始めました。

これこそ外からの新しいインスピレーションで新しいサウンドが開けるという、「街角に音楽を」のテーマそのもので僕もとってもうれしい。
誇らしく思います。応援するよ!

「LEFT ALONE」にはこれまで出演した多くのミュージシャンの写真やサインがそこかしこに・・・。マイルス、ロンカーター・・。

まさにミューズの存在する場所・・・。来店したオーディエンスを前に最初は多少緊張気味のなつきちゃんでしたが、木村純さんの胸を借りてどんどん空間をわがものに・・。大きな拍手が感動を物語っていました。
それにしても寛ちゃんはやっぱりぜんぜんあがらないねえ。
ソロが飛翔してました。素晴らしい!



うれしかったのは以前高松のドームにもいらしていただいていた西宮のご夫妻の言葉。

「神戸などは音楽の場所がいろいろ散らばっているが高松のドーム広場は自然で素敵なムードが集約している、あんな場所が神戸にも本当に欲しい・・・」

純さんも香川の人々のあたたかな姿勢を本当に喜んでいる。
香川の皆さん応援しましょうね、この素敵なきっかけを・・。

それにしてもあの「チョコッレート、チョッコレート、・・。」という明治のCM、ボサノババージョンは純さんだったんですねえ。
明らかにスタジオミュージシャンとは違う存在感で印象に残っていたあのCMミュージックの理由が昨夜わかりました。納得!



2008年09月05日

細野晴臣。吉野金次と波動スピーカー

J1.jpg

友人が明日、京都へ細野晴臣さんのユニットを聴きに行くらしい。いいなああ・・。

はっぴいえんどで凄いと思った細野さんと松本さんのリズムセクション。
当時にしては抜群のオフビートのくっきりと、そしてゆったりとしたリズム。
ベースを弾くというより、音楽の重要な一部を作り上げるメロディアスなアプローチ・・。

自らがコンポーザー、サウンドクリエーターであるという意味ではポール・マッカートニーに通ずる素晴らしいベーシストではないでしょうか?

昔のレコード会社時代の上司は国吉さん。クラウン時代の細野さんの一連のワールドミュージックのディレクターしてきた有名な人でした。

はっぴいえんどからホソノハウス、ティンパンアレイあたりはドラマーが林立夫さんに変わりよりタイトなリズムへ・・。(松本さんのドラムプレイの揺れも僕は好きでしたが・・。)

さてそのころのミキサーは細野さんが絶賛する吉野金次さん。

この狭山で録音されたアルバムが出たとき、当時の日本のレコーディングとまったく違う音楽の存在感にビックリしたのを覚えています。

もちろんザバンドなどと共通する自宅録音の空気感もあるが、ひとつひとつの楽器が独立しているにも関わらず全体が一つの歌として見事にメロディとなっている。

この吉野さんは、その後幸運にも僕が偶然参加できた高橋幸宏さんレコーディングに一度いらっしゃったことを記憶しています。

「中音主義」といわれる上品な、つまり「音」ではなく「音楽」を知り尽くした彼のサウンドを波動スピーカーで聴くと、この素晴らしいミキサーが大切に考えたものがよくわかります。

「ホソノハウス」と波動スピーカー・・。

空間が見えますよ。

2008年09月03日

リターン ツゥ フォレヴァー

UCCU-9508.jpg000000000004669-2.jpg

アメリカ、特に黒人たちのジャズのイメージにはEARTHYとかDIG(掘り下げる)というイメージがあります。

それに比べてブラジル人たちがジャズを演奏すると、どんどん上に向かって飛翔するイメージがあります。

アイアート・モレイラとフローラ・プリム

チック・コリアが名盤「リターン ツゥ フォレヴァー」に彼らを共演者として選んだのには、あのかもめが飛翔するイメージに象徴される音楽世界の創造性を、旧来の黒人たちには見出せなかったからでしょう。いや、逆に彼らに知り合ったからこそあのアルバムを創ったのかもしれませんが・・・。

東京ブルーノートにこの二人のユニットが最初来た時、その果てしなく自由にひろがる上昇する音のスパイラルに大興奮しました。

フローラプリムはまさにおおらか、ナイーブなアイアートにとっては母親的に見えました。

数年後もう一度彼らのユニットを見に行ったときは、かなりアヴァンギャルド。

店の外でワゴンに乗り込もうとする彼らに近づいていくと、どうだった?と声をかけてきたので前回も聴いたよというと、フローラ・プリムが真顔で車に招き入れてくれて「今回はどうだった?」とたずねてきました。

チャレンジし続けつつも自分たちの音楽が受け入れられているか常に真摯な姿勢、音楽を真剣にとらえているシンプルなハートが印象的でした。

波動スピーカーで聴くこの「リターン・ツゥ・フォレヴァー」は音の広がりが素晴らしい。この空気感を見事に再現するのがこのシステムの素晴らしい価値でしょう。


Categories
2011.4.29街角に音楽をフェスティバルin高松
NEW2011.4.29祝
街角に音楽をフェスティバルin高松

2010.4.9VOICE&STRINGS LIVE
NEW2010.4.9.fri
石川早苗・橋本信二ディナーライブin高松

演奏家のいない演奏会vol.2
13:00 open/14:00 start
演奏家のいない演奏会
in サンポートホール高松

イベントは終了しました
杉本篤彦in umie
12.14mon 杉本篤彦
Soul,R&B Heartful Jazz in umie

イベントは終了しました
LoveNotes
10.10.sat〜10.12.mon
Love Notes in Takamatsu

イベントは終了しました
MODEA in Takamatsu
9.13.sun
13:00 open/14:00 start
MODEA in Takamatsu
サンポートホール高松・大ホール

イベントは終了しました。
ボッサファンタジア
9.17.thu〜20.sun
ボッサファンタジア 香川ツアー

イベントは終了しました。
Entry
<< 2010年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
Profile
Links
Comments
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。