My Diary~ロハスタウン高松からお届けする、グッドミュージックダイアリー

2009年07月12日

大竹英二さんと田ノ岡三郎さん 街角に音楽を@高松

P1020122.JPGP1020124.jpgP1020136.jpgP1020140.jpgP1020193.jpgP1020198.jpgP1020219.jpgP1020205.jpgP1020230.jpgP1020235.jpg

2週続けて来高してくれた2人のミュージシャン。

大竹英二さんはハーモニカ世界チャンピオン、とにかく「うた」が強烈に届いてきます。壱番街ドーム、ヨンデンプラザサンポート、夜の
umie、それぞれの場所でそれぞれのお客様を見極めながら、一生懸命探りながら精一杯の想いを届ける。凄い腕前を魅せてくれました。

高松にいるハーモニカの友人も駆けつけ、楽しい会話がはずみます。

金沢のイベントと東京のさえきけんぞうさんとのライブの狭間に是非と来高してくれた田ノ岡三郎さん。

真摯な音楽への姿勢、響きの中にある世界観、パッションと静寂、素晴らしい音楽性でした。

広い音楽性が多くの大物ミュージシャンにも呼ばれる理由でしょう。

夜のumieでは田ノ岡さんをたずねて児島よりなんとロンドン帰りのタップダンサーが・・・。
素晴らしいセッションが実現しました。

音楽は繋がっています。

思いやりがあり、そして真摯な2人のミュージシャン、ありがとうでした。また会う日まで!





posted by Aria at 12:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 街角に音楽を
この記事へのコメント
先日はお疲れ様でした。
ここで鹿庭さんに質問ですが、ホールで大人数のお客様に聴いて頂いたと言う事は、フルボリュームではなくてもある程度のボリューム位置にはなっていたと思います。
冨田勲とかジャズなんかには低音が遠慮無くふんだんに入っている盤があったりしますが、そんな盤でもボリュームを上げても見てクリップ(飽和)したりしないのですか?
宜しくお願いします。
Posted by 蜜柑畑 at 2009年07月13日 11:26
すみません コメントの案内メールを見落としてたかもです。

そうですね富田さんはCDを持っていないので、検証してませんが、サウンドによってはそういうこともあるかもしれませんね


よろしかったらまた視聴ルームにご連絡いただきご検証下さい
Posted by 鹿庭です at 2009年08月08日 23:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Categories
2011.4.29街角に音楽をフェスティバルin高松
NEW2011.4.29祝
街角に音楽をフェスティバルin高松

2010.4.9VOICE&STRINGS LIVE
NEW2010.4.9.fri
石川早苗・橋本信二ディナーライブin高松

演奏家のいない演奏会vol.2
13:00 open/14:00 start
演奏家のいない演奏会
in サンポートホール高松

イベントは終了しました
杉本篤彦in umie
12.14mon 杉本篤彦
Soul,R&B Heartful Jazz in umie

イベントは終了しました
LoveNotes
10.10.sat〜10.12.mon
Love Notes in Takamatsu

イベントは終了しました
MODEA in Takamatsu
9.13.sun
13:00 open/14:00 start
MODEA in Takamatsu
サンポートホール高松・大ホール

イベントは終了しました。
ボッサファンタジア
9.17.thu〜20.sun
ボッサファンタジア 香川ツアー

イベントは終了しました。
Entry
<< 2010年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
Profile
Links
Comments
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。