My Diary~ロハスタウン高松からお届けする、グッドミュージックダイアリー

2009年06月28日

マイケルジャクソン 息遣い

124c34530cb8df31bb727855ca7b6592.jpgaa0c226881004a7b98072e79bd238aae.jpgebef99820da2cddc2d516d800d841408.jpgee0c7f7bce0ce8ad82558a75d0b2c6e0.jpg

昔レコード会社に入ってしばらくたった頃、社内に案内がまわりました。
アフリカのために多くのミュージシャンが集結した「We are the world」のビデオのマスターがアメリカから届き、会議室で初めて試写をするとのこと。もちろん参加。大きな感動を覚えました。

アフリカ人の女性の話に涙するマイケルが印象に残りました。

ある報道によると彼はあれだけ素晴らしい才能を持ちながらどこか自信がなかったとの事。

小さい頃からジャクソンファイブで活躍し、どこかいつもプレッシャーを感じていたのかも知れません。いつも自分をこれでよしと思えず、変わり続けてきたのかも・・。

彼の音楽が黒人と白人のボーダーをどれだけ取り払ってきたか知れないマイケル。その間に時代はオバマ大統領を選ぶほどに変容しました。

88年に日本に来たとき、コンサートに行きました。

愛を歌うと素晴らしいのと同時に、彼のダンスの中には苛立ちも表現されていました。

深い「LOVE」を背負いながら現実の世界の悲しさに立ち向かう騎士のような・・。この時代の愛と十字架を背負って来たのかも知れません。

今日、彼自身がレコーディング時にも何度も泣いてしまったといわれる「She`s out of my life」をSpace Ariaで聴き返しました。
彼の声にステージの上の孤独なアーティストの、観客には聞こえぬ息遣いを感じました。

冥福を祈ります。偉大なアーティスト マイケルジャクソン。





posted by Aria at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 波動スピーカー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Categories
2011.4.29街角に音楽をフェスティバルin高松
NEW2011.4.29祝
街角に音楽をフェスティバルin高松

2010.4.9VOICE&STRINGS LIVE
NEW2010.4.9.fri
石川早苗・橋本信二ディナーライブin高松

演奏家のいない演奏会vol.2
13:00 open/14:00 start
演奏家のいない演奏会
in サンポートホール高松

イベントは終了しました
杉本篤彦in umie
12.14mon 杉本篤彦
Soul,R&B Heartful Jazz in umie

イベントは終了しました
LoveNotes
10.10.sat〜10.12.mon
Love Notes in Takamatsu

イベントは終了しました
MODEA in Takamatsu
9.13.sun
13:00 open/14:00 start
MODEA in Takamatsu
サンポートホール高松・大ホール

イベントは終了しました。
ボッサファンタジア
9.17.thu〜20.sun
ボッサファンタジア 香川ツアー

イベントは終了しました。
Entry
<< 2010年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
Profile
Links
Comments
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。